ジョージ・ハリスン

今日11月29日はジョージ・ハリスンの命日。

「ジョージ・ハリスン」の名を聞いて、ビートルズを連想する人って、もしかしたらもう少なくなってきてしまっているのではないか…、と思うくらい、ポール・マッカートニーとジョン・レノンに隠れた存在になってしまっているジョージなんですが、ビートルズやロックの歴史に残した功績は偉大。

ポップでシンプルだったビートルズに、シタールなどを導入し、民族音楽的なアプローチをしかけたのはジョージで、中期以降のビートルズの音楽の幅が一気にひろがっていくきっかけにもなりました。

後期ビートルズの代表作になる「Something」や「Here Comes the Sun」を作曲するも、主導権はずっとポールとジョンのままで、おそらくバンド内ではいつもストレス満タンだったと思われるジョージ。


そのジョージが、ビートルズ解散後に放った超名盤「All Things Must Pass」。ロックの世界の超重要文化財的な最高傑作。ずっとビートルズが続いていたら、このジョージの才能は世に出ないままだったのかと思うと恐ろしい。

渾身の歴史的名盤「All Things Must Pass」。ガレージでもよくかけます

LP3枚組というのが狂っているんですが、溜め込んでいたストレスの見える化だとするととっても納得。

LP3枚組!

また、ビートルズ期から、エリック・クラプトンをはじめとする、外部のミュージャンとの交流に積極的だったジョージ。ビートルズ解散後にジョージ主催で行われた、バングラディッシュチャリティーコンサートには、クラプトンやボブ・ディランなど多くのミュージシャンが参加しました。コネクターですね。

「The Concert for Bangla Desh」こちらも3枚組LP

組織の上にたつ人は、社内にジョージのように才能を埋もれさせたまま、くすぶってるスタッフがいないか、日々ちゃんとみていないとですね。ビートルズのようにイケイケな勢いにのっている会社ほど、特に。